古本古書の大量処分 全国出張買取します ネット古本屋かぴぱら堂

かぴぱら堂は、アマゾンマーケットプレイスで古本販売をしているインターネット専業古本屋です。このサイトでは、当店からのお知らせを掲載していきます。
当店では、一般書から専門書までジャンルを問わず、20000タイトルを超える在庫を常備して、皆様のご利用をお待ち申し上げております。また、蔵書を大量に処分される際は、ぜひ当店にご相談ください。数千冊、数万冊単位なら全国どこでも出張します。


<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
カピバラ写真
アマゾンへの入口
こちらから、当店出品物を含むAmazon.co.jpの全商品を探すことができます。

2006/12/23からのアクセス数


ブログランキングバナー
本・読書部門に参加しています
カピバラ時計
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
出張買取の概要
原則として関東地方・福島県は500点以上、東北・甲信越・中部・北陸地方は1000点以上、それ以外の全国では3000点以上まとまった品がある場合、出張買取をお受けいたします。当店は古物商許可を取得しています(栃木県公安委員会許可書籍商第411050000681号)。

買取可能な品は基本的に本ですが、内容によっては、雑誌、CD、DVD、ビデオテープ、レコード、本以外の紙物の資料類、切手、古銭、古道具なども積極的に買い取りいたします。一見ゴミくずのような古本、古雑誌などが思わぬ高値になる場合もありますので、事前のお片付けなどせず、そのままの状態でご連絡ください。数千冊、数万冊規模の蔵書処分ですと、どこから手をつけて良いのかわからず、途方に暮れてしまうかもしれませんが、当方は大量出張買取を何度も請け負い、ノウハウを蓄積してきましたので、どんなに大量でも対応できます。以前、過去最高で1万点の一括出張買取を引き受け、依頼者の方にも大変喜んでいただきました。まずはお気軽にご相談ください。

ご連絡は、電子メールか電話・FAXでお願いいたします(ただし電話の場合、店主出張や倉庫作業中のため、出られないこともあります。少人数で効率よく大量の業務をこなすことで、1万冊以上の在庫管理を可能にしていますので、何卒ご理解願います)。
tsuyuken@smile.email.ne.jp
090-1615-3982(店主直通携帯です。商談中・運転中などで電話に出られないことがございます。その場合は留守番電話にメッセージを残していただければ、折り返しご連絡差し上げます)
0289-64-1628(電話・FAX兼用。自宅電話を兼ねているので、「ツユクボです」と出ます。家族が出るときもありますが、その際は「かぴぱら堂の件で」とお伝えください)

内容によっては、ご相談の結果、買取をお断りする場合もありますので、あらかじめご承知おきください。高価買い取りができる品の場合は、上に記した点数より少なくても買い取りできる場合もあります。

また最近、同業者様からのお問い合わせを多くいただきますが、コミックや一般書主体の内容の場合は基本的にお断りさせていただいています。学術書・専門書が多い場合は、お受けできるかも知れませんので、ご相談ください。

出版社様などから、長期在庫の買取のご相談をいただくこともございますが、当店では、1タイトル当たりの冊数が大量になる場合の買取も対応いたしかねます。あらかじめご了承ください。

なお、出張費用は、どんなに遠方でもいただきません。無料です。

当店の得意分野
基本的に値がつく本でしたら、分野を問わずお引き受けしますが、学術書・専門書が得意です。とりわけ下記の分野はとりわけ力を入れておりますので、喜んでお引き受けいたします。
法律書 買取歓迎します

通信買取について
量が出張買取基準に満たないような場合、状況に応じて通信買取も承っております。ご希望の際はお問い合わせください。


当店買取の特色
古本を処分しようと思う場合、少量でしたら、いくらでも選択肢があります。最近はネットと宅配便を利用した通信買取も普及しています。ところが、大量の本を一括して買い取ることに対応している古本屋は意外に少ないのが現状です。

例えばブックオフなどのいわゆる新古書店では、最近の本・売れ筋の一般書は喜んで買ってくれますが、ちょっと古めの本、ましてや昭和時代の本はほとんど値段がつかないのが現状です。持ち込みなら値段がつかない本でも引き取りますが、出張買取の場合は値段がつかない本は持っていってくれません。また、希少価値があっても古い本など渡したら、値段がつかないだけでなく、処分されてしまって、もったいないことになります。

それでは昔ながらの古本屋はどうか。店によって千差万別なので一概には言えませんが、古い本でも引き取ってもらえる可能性はありますが、その店の専門外の本、値段がつかない本は引き取らない場合も少なくありません。店主の高齢化で、遠方の買取、大量の買取には対応できなかったりします。

最近は、ネット専業の古本屋も増えてきて、そうした店では、1冊1冊ネット相場をもとに査定し、ブックオフや従来の古本屋より高価な買取をうたっているところも増えました。その反面、ネットで売れない本、専門外の本は引き取らない傾向があります。

処分する本が新しめのものばかりならブックオフ、専門書が多ければ専門古書店、ネットで高く売れそうな本ならネット古本屋と使い分けができるでしょうが、大量処分の場合はたいてい、古い本も新しい本も、一般書から専門書、雑誌やその他紙もの、はてはCDや趣味の骨董まで全て処分したい場合が多いものです。ところが一括して引き取ってくれるところを見つけるのが大変なのです。

以前、数千冊の大量処分を依頼してきたお客様は、数十件の古本屋に打診したが色よい返事がもらえず、当店に相談されてきました。故人の蔵書整理ということで最近の本から昔の専門書までさまざまな内容、でも大量すぎて自分で梱包することもかなわないということでしたので、当方が梱包も含めて対応させていただきました。家の中も片付き、故人が大切に集めた本が再活用されるということで、喜んでいただきました。

当店は、どんな年代、種類の本でも、できる限り引き取らせていただくことを基本方針としています。値段がつく本が多く含まれていれば、値段がつけられない本も含めて引き取らせていただいています。当店の専門外の品も、複数の同業者と提携していますので、幅広く現金化が可能です。もちろん、どこに出しても古新聞程度の値段しかならないものばかりですとお引き取りいたしかねますが、できるだけ頑張って査定いたしますので、よろしくお願いいたします。

当店概要
店主プロフィール
かぴぱら堂業務日誌(同業者向けブログです)


お知らせ | 03:20 | - | -